ヘルメバナナ

元デリヘルの店長経験者だけどなんか質問ある?

2013年8月5日配信|ヘルメバナナ

今日も安全第一、張り切っていきましょう!


男たるもの『風俗で遊ばざる者働くべからず』
ガテン系は汗臭い男だらけの仕事なので、華を求めに風俗へ息ヌキしに行きます。


なにを隠そう、わたくし風俗が大好きすぎてこの業界にて
自ら足を踏み入れ人を動かす立場にまで上り詰めてしまった過去があります。
今思えば、高待遇・高収入で現(うつつ)を抜かしておりましたねえ。


風俗の高収入アルバイトというと、通常は女性に多い求人と思われがちですが、
実は、男性にも立派な役割があるのです。主な仕事内容は「内勤」と呼ばれるもの。


予約や問い合わせなど窓口となるお客様対応から、事務・WEB製作、女性スタッフの管理。
シフト、給与、売上全般の管理、広告宣伝活動、求人採用、

またデリヘルには必需な送迎ドライバーの仕事もあります。


アルバイト、フロント、店長・幹部候補とあり、給与は次のようになります。


「アルバイト」
・1200円~1500円(時給)
・1万2000円~1万5000円(日給)
・30万円~35万円(月給)


「フロント」
・1万2000円~1万5000円(日給)
・30万円~50万円(月給)


「店長・幹部候補」
・40万円~120万円(月給)


店舗によっても、給与形態は異なりますがザッとこんな感じです。


自分は店長になる前、フロント兼デリヘルドライバーの仕事をしていました。
車内という密室の中、女性スタッフの悩み相談を聞いたり

雑談を楽しんだりとそれはもう地に足がつかぬ思いでした。


安全第一を考える性格のため、交通ルールは厳重に守りました。
女性スタッフを無事にお客様の元へ届けることがドライバーの任務ですから。


時速30kmの道路もしっかりと制限速度を守り、停止線は1m前方から停止。
おかげさまで、現在まで無事故・無違反のゴールド免許でございます。
女性スタッフからは「遅刻しちゃうよ、バカ」と何度もクレームを受けました。


また女性スタッフ以外にもドライバーにはいくつか守るべきポイントがあります。
具体的なドライバーの仕事については八百屋バナナのおっちゃんが
「デリヘル送迎のドライバーが忘れちゃいけないポイント」
で話しているのでそちらを見てください。


話を戻しますが、イベントやレクリエーションなどの企画を考えるのも男性スタッフの仕事です。
風俗店のホームページをご覧いただくと分かるように、「3日間限定○○祭り」
「本日○時までに予約すると○○割引き」といったキャンペーンの企画を考案します。


そのほか、女性スタッフの精神的フォローを行うなど多岐に渡り仕事はあります。
男性スタッフは主に女性スタッフをバックアップする影の苦労人といったところでしょうか。
もちろん、お客様からのクレーム対応も男性スタッフの仕事です。


ただし、デリヘルなので基本的にはお客様と直接顔を合わせません。
ただ店舗によっては、お会計のみ男性従業員が担当する場合もあります。


デリヘルで働くメリットとしては、営業時間が店舗型に比べて長いことがあげられます。
店舗型の風俗は風営法により「受付所営業」であることから、

午前0時から日出時までの時間は営業できません。


無店舗型のデリヘルは「受付所」を設けていないので営業時間に制限がないのです。
つまり、店舗が掛け持ち可能であれば昼間は本職、

夜間(深夜)はデリヘルといった効率の良い稼ぎ方もできるわけです。


地域によっても法的な規定は異なりますのでご注意を。

 


というわけで、今日も安全に作業が終了しました。異常ありません!

[タグ] デリヘル 店長 無店舗型 [カテゴリ] 【派遣型風俗店】店長/幹部候補・スタッフ